寝室のダウンライトを壁付けにしたのは、寝る時の生活イメージが不十分で失敗。

目が覚めてすぐに電気をつけたい時、本を読んでで眠くなって動きたくない時、わざわざスイッチを入口まで立ち上がって消しに行くのが不便だと思った。

寝るベッドの枕元付近に壁付けスイッチにするか取り外し可能のスイッチにすればよかったと思う。

入居して半年で、取り外し可能なスイッチに変更してもらうように頼んで工事をしてもらい、解決しました。

キッチンの天井を下げたのは、オシャレさと自分の身長に合わせたため。

しかし、主に使う私は身長が低く(150cm)何不自由ないが、身長が高い主人は(180cm)IHコンロの換気扇の角に頭をぶつけてしまいます。

オシャレさをあきらめてだれにでも危なくない高さにすればよかった。

もしくは、設計段階で主人の身長の高さとぶつからないかシュミレーションすればよかったとも思う。

キッチンに関しては、工事するのも大がかりなので現状維持で主人に頭上注意してもらっています。

打ち合わせの回数や時間も限られているので、住んでみて気づくことが多い。

あせらずゆっくり、じっくりと、住んでいる自分を想像して生活をシュミレーションしながら家づくりを進めていくことが大事だと思う。

よく読まれてるサイト>>>>>旭川市 注文住宅